×閉じる

自主性がとても大切です。

Pocket

こんにちは。ルーツのデザイン先生です。

 

 

先日、障がい者雇用枠で正社員として働いている方とお話する機会がありました。

その際に、客観的に就労移行支援事業所の中でのルーツの特長が見えたので、ご紹介しようと思います。

 

 

ルーツでは、利用者の皆さんの自主性をとても重んじています。

「自ら考え実行できる力を身に付けて就労すること」が何より定着につながることだと信じているからです。

macbook-577758_1920

最大限特性を理解して、環境をつくり、配慮した対応をすることは大前提。

その上で、障がいのせいにしない、環境のせいにしないことを、利用者さんにお伝えできればと考えています。

自責で物を考えられることは、社会人である以上とても大切なことだと思います。

そのため学習計画は個々で異なっており、講座の時間以外は多岐にわたる個別学習にみなさん集中されます。

お弁当を用意したり、夕礼前の掃除は利用者さんが中心となって協力し合いながら行います。

月度の企画やイベントごとも、基本的には利用者さんたちの話し合いで決めていきます。

people-3152585_1920

 

最近、とてもおもしろい出来事が起こりました。

その日に通所した利用者さんをの名前と掃除の内容をチェックするだけで自動で掃除箇所の割り振りをしてくれるという、便利ツールを利用者さんがプログラミングスキルを活かし開発してくれたのです。

 

 

このツールが出来たおかげで、これまでは人力で表管理をしていたのですが、

一瞬でランダムに割り振ってくれるので格段に作業が楽になり、さらに時間短縮にも繋がりました。

 

こういったことが起こるのも、ルーツが自主性を大切にすることで生まれたことなんじゃないかな、と思います。

きっと、程よい不便が無いと人間は成長しません。

すぐに答えの見つかる環境、すぐに手助けが得られる環境下では動物は甘えばかり覚えてしまうそうです。

障がい者雇用も通常採用と同様、企業は貢献してくれる人間を欲しています。そんな環境でもしっかり定着して働くためには、それなりの訓練が必要です。就労移行支援事業所は、何でも支援するのではなく、自主性を重んじた上で必要な支援を個々に的確に行っていくことが大切だと感じます。

 

puzzle-3223941_1920

 

先日は志望動機の作成について説明しました。

そこでも、全てをお伝えせず考える余白を作ることを意識しました。

志望動機はどの企業の採用でも大変重要視されている項目です。

一部抜粋ですが、

 

志望動機とは、採用する側の「なぜこの会社に入りたいのか」「なぜその仕事をやってみたいのか」という問いに対する答えであり、志望動機が明確であればあるほど、目的意識が高く、仕事への取り組みが期待できる人材であると感じることができるからです。ポイントはいかに自分と企業があっているか、その企業で自分は何ができるかを明確かつ説得力のある方法で表現することです。企業の特徴と自分の経験や能力を結びつけてアピールできるように準備をしておきましょう。

志望動機を考えるにはある程度、自己分析(自己PRの確立)ができていること、漠然とでもかまわないので自分の進みたい業界や企業が見つかっていて、企業研究をはじめていることが前提となります。なぜなら志望動機の考え方の基本は、志望企業(業界)の研究結果と志望動機の裏づけとなる自己PRポイントを結びつけていくことであるからです。
志望動機作成は基本的にはこの企業研究結果と自己分析結果とのすり合わせ作業となりますが、今回はその一歩手前となる、志望企業の発見の仕方から、(1)志望企業決定→(2)自己分析とのすり合わせ→(3)志望動機作成の順番にご紹介します。
今企業研究をしている人や企業研究がまだ不十分だと感じている人は、志望動機を考える前にさらに自分の視野を広げるために、多くの業界や企業に触れてみることが重要です。自分がこれまで興味を持っていた企業だけでなく、新たに発見した企業や職種のなかに、自分と適性のある仕事があるかもしれません。

 

などと、まぁこういった骨子の部分をまず説明します。

質問があれば随時受け付け「志望動機とは何のために書くものなのか」を理解してもらいます。

そうしたら、その後は一度志望動機を書いてもらうのです。

そうなると、企業について知らないことに気づいたり、自己分析によって出てきた自己PRが

受けたい企業や職種とはずれていたり、といったことを考えられるようになってきます。

知識が足りないから、知恵を働かすのです。そこに自主性が生まれます。

 

 

そういった環境があれば、自分の就労ももっと早かったかもしれないし、色々なことに気づけたかもしれない。

そう、お話した方はおっしゃっておりました。どうやら大切な気付きみたいです。

ぼく自身、まだまだなのでルーツで皆さんと一緒に学んでいけたらと気持ちを新たにしたお話でした。

 

 

それでは本日はこのへんで。

 

 

 

FacebookいいねとLINE@の登録もしてね!

 

就労移行支援事業所ルーツにはFacebookページがあります。
イベントや情報、普段の様子などを公開していますので、
もしあなたがオフィスに来ようと思ってくださったのなら、
まずご覧になって雰囲気、詳細を知ってみてくださいね。

 

ぜひ、いいね!も宜しくお願いします。

 

>>>Facebookページはこちら<<<

 

連絡先、場所などはこちらまで!!
↓↓↓

 

お問い合わせroots-06

 

新宿・四ツ谷の障がい者の就職・社会復帰支援の場所
就労移行支援事業所ルーツ
東京都新宿区三栄町29-6 Fビル 5階
最寄り駅︰東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷三丁目駅/都営新宿線 曙橋駅
ルーツの公式LINEからもお問い合わせできます!
友だち追加