×閉じる

就労移行から企業実習体験記【ルーツ×COMPASS】

Pocket

 

 

お久しぶりです!こんにちは!

久々のブログなので、とってもハッピーな記事をお届けしようと思います♪

 

就労移行支援事業所ルーツの運営会社は、COMPASS(コンパス)という障がい者雇用支援事業を行っております。

詳しいところは下記のブログ記事でお知らせしていますが、当事者側、企業側、双方のサポートをしていくことで、「働きたい」「戦力として働いて欲しい」の橋渡しをしている事業です!

【コンパス紹介記事:COMPASSリリースのお知らせ】

 

 

今回は、そのCOMPASS事業と就労移行支援事業所ルーツのコラボ記事。

就職前に、企業実習を体験した2名の利用者さんのお話をご紹介します♪

 

 

 

 

 

企業実習って何?

 

企業実習というのは、企業と求職者のミスマッチを防ぐために行われる、就職前の職業体験のことです。

COMPASS事業では、企業さんに可能な限りこの”実習”を通して採用活動をしていただいています。

 

実習を通して実際の会社やその内部の方と関わることで、求職者側の「思ってたのと違う」というミスマッチを防いだり、「継続して働けるかな」という不安を払拭することを目的としています。

実習を挟むことで、就職してからの “就労継続” を意識し、安定して働くことができます。

 

また、企業側も面接だけでは分からないその人の特徴や長所を知ることができますので、ミスマッチを防ぎ、採用時の不安を払拭することが出来ます。

 

COMPASSの採用決定までのおおよその流れはこのようになっています。

 

 

※企業や求職者の状況等により差はあります。

しっかりとステップを踏むことで、定着率を高めます。

また、「振り返り」を双方と行うことで、本人の改善点はもちろん、必要な配慮を考えたり、仕事で起こりうる悩みへの対策をすることが出来ます。

 

実習の期間や内容は企業さんによって異なりますが、今回は一例をご紹介します♪

 

 

 

 

 

Y さんの実習体験

 

Yさん 20代

ルーツに通所してから、約1年3ヶ月

企業:IT企業

 

 実習に参加したきっかけはなんですか?

プログラミングを学んでいたことで、スタッフに紹介されたのがきっかけです。

会社の雰囲気を知ることができ、良い経験になると思ったので参加しました。

 

 

実習をするまでに準備したことや、それが活かされた場面はありましたか?

実習内容がPHPとJavaで、自分はまだ知らない方も多かったので、PHPとJavaを実習前に触るようにしました。また、実習の開始時間が通所時間よりも早かったので、早く起きる練習をしました。

 

 

実習で学べたことはありましたか?

8時間労働の大変さが身にしみました。

でも、少しずつ慣れていくもので、実習の後半になるにつれて比較的大変さが薄れて実習することができ、自分の自信になりました。

 

 

ぶつかった壁はありましたか?どうやって乗り越えましたか?

ついていくのが大変なこともありましたが、「全然頭に入ってない!」と感じたときには、家に帰って復習するようにしました。

 

 

実習を踏まえて、今後の目標を教えてください。

実習を通して、「この会社で働いていけそうだ」と思えたことでひとつ自信がつきました!

技術的にも精神的にもまだまだだと改めて痛感することもあったので、日々学習し吸収する気持ちをより強く持って訓練していきたいと思っています!

 

 

 

 

 

 

I さんの実習体験

 

Iさん 20代

ルーツに通所してから、約1ヶ月

企業:IT企業

 

 

 実習に参加したきっかけはなんですか?

やりたいことに合った実習先を提案してもらえたので、実習に行くことにしました。

 

 

実習をするまでに準備したことや、それが活かされた場面はありましたか?

実務経験や、学んだスキルが活かされて、実習でついていけないことなどがなかったので良かったです。

 

 

実習で学べたことやためになったことはありましたか?

 

職場の環境を見ることが出来たことと、社員の方とコミュニケーションが取れたことが良かったと思います。

もちろん、新しく学べる技術や、復習になったところもありました。

 

 

ぶつかった壁はありましたか?どうやって乗り越えましたか?

研修のスピードで理解できなくなりそうになった時がありました。その時には、指導者の方にペースの調整をお願いし、その後は問題なく研修を受けることが出来ました!

 

 

実習を踏まえて、今後の目標を教えてください。

長期的に自分の能力を高めていき、就職先に貢献できるように頑張ります!

 

 

 

 

 

お二人のその後

 

皆さん気になっている、お二人のその後をご紹介します♪

実習を通して、企業の方にもお二人のことを知ってもらい、お二人も企業を知ることが出来ました。

その後、企業の方ともお話をさせてもらい、無事、お二方とも実習先の企業さんから”内定” を頂いております✨

 

 

現在は、入社日にむけて、最終的な調整を行っています。

★入社までの最終準備

★実習でわかった自身の改善点の理解

★就労継続に向けたコミュニケーション訓練

★就業時間中の集中力を高める生活調整

などなど

 

 

ひとりひとりやるべきことは違いますが、実習はゴールではありません。

実習を通して学べることは沢山ありますので、その後の調整に活かしていきます。

 

 

 

実習を行うと、就労後のイメージを持ちやすかったり、刺激を受けて更に訓練へのモチベーションが上がったりします。

実習先への感謝を忘れず、ぜひ就労継続へのステップとして、企業実習に取り組んでいきましょう♪

 

 

 

 

 

 

 

都内の就労移行支援事業所ルーツ

 

就労移行支援事業所ルーツにはFacebookページがあります。
イベントや情報、普段の様子などを公開していますので、
もしあなたがオフィスに来ようと思ってくださったのなら、
まずご覧になって雰囲気、詳細を知ってみてくださいね。

ぜひ、いいね!も宜しくお願いします。

>>>Facebookページはこちら<<<

 

お問い合わせはこちらから!

 

新宿・四ツ谷の障がい者の就職・社会復帰支援の場所
就労移行支援事業所ルーツ
東京都新宿区三栄町29-6 Fビル 5階
最寄り駅︰東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷三丁目駅/都営新宿線 曙橋駅
ルーツの公式LINEからもお問い合わせできます!

友だち追加