×閉じる

Photoshop講座、やってます。

Pocket

 

 

こんにちは。

今週も木曜日はルーツのデザイン先生です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めっきり秋に近づいてきましたね、とかなんとか

書きたいなー、秋刀魚の写真とかあげちゃいたいなーとか

イメージしていたんですが、全然そんな感じじゃないですね。

 

 

 

 

 

まだまだ夏です。

セミも力の限り、鳴いています。

 

crete-1391596_1920

 

セミと言えば、最近道端で力尽きているセミの数を数えるのが趣味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは。

 

 

他の事業所さんとも仲良くさせていただいておりまして、見学しにいらしてくださったり、お邪魔させて頂いたりと、お世話になっています。

 

業界の経験がまだまだ短いですから、そうして少しずつ、知見を蓄えていっているのですが。
ありがたいことです。

 

 

 

 

こちらからも色々と情報や技術を提供させて頂いて、結果的に業界全体が盛り上がっていったら良いなと
夢は大きく持ちつつ、毎日コツコツと小さく小さくやっております。

 

 

 

それぞれの事業所さんに、それぞれの良さがありますからね。

 

 

 

色々な事業所さんを回らせていただく中で感じたのは、

 

 

 

 

うちは、デザインがやりたい!と思っている方にはぴったりです。
レベルが高すぎることもなく、低すぎることもなく。
初心者の方でも、頑張り次第で仕事にできるレベルまで引き上げます。

 

 

 

社会人としてのマナー、最速での就労、ということになると、
他にオススメな事業所さんは多くあります。うちがデザインに取り組んでいるレベルで、そういったところにしっかり向き合っているところがあります。

 

 

 

それぞれの事業所の良さを、利用段階で理解できる術があったら良いなあと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

利用者さんに先日「Photoshop講座」をやりました。

 

 

 

その中で、利用者さんの様々な反応が、とても興味深かったのでここに記しておきます。

 

 

 

 

 

 

まず前提ですが、フォトショップというのは画像加工ソフトです。
画像の色合いを変えることから、ぼかしやレタッチもかなり細かい部分まで行え、
背景をガラッと変えたり、ひとつのリンゴをひとりの人間にすることだって可能です。

 

manipulation-1875815_1920

 

 

 

 

講座を進めていく中で、ひとりの利用者さんがこう言いました。

 

 

「先生、この画像の、背景の山を今消してください」

 

 

 

この方は、このツールの存在意義を「簡単にできること」だと思っていたようでした。
もちろんそれもひとつ意義としてはありますが、

 

より緻密に、鮮明に、且つ様々なコンテンツに応用が可能な状態で、グラフィックや画像が作成できること
それが、ツールの魅力なんじゃないかと思います。

 

 

 

楽に作れるわけじゃない。
そこを履き違えてしまうと、ちょっと違うんじゃないかと、伝えました。

 

 

 

でも、こういうソフトの存在意義を説明するのは実際難しいです。
実際、手書きよりは簡単に色々なグラフィックを仕上げられますし、より正確にやれますから。

 

 

 

ただ、それは魔法のように簡単な作業ではなく、
ツールを使えてもかっこいいグラフィックが発想できるわけではないことと同じで
ひとの努力があって初めて実現することなのです。

 

 

 

ただ、こういう考え方は環境にも問題があって、支えられることが当たり前になってしまうと
楽に何かができることも当たり前になってしまったりします。

 

 

 

こういったところも、事業所、業界、そしてデザインにやれることって、あるよなあ、と思いました。

 

 

woman-2435605_1920

 

 

 

 

 

別の方がこう言いました。

 

 

 

「ぼくがやりたいことに、このソフトは活きますか?」

 

 

 

この視点は、とても素晴らしいと思いました。

この方は芸術家気質で、そこを伸ばしていってくれたら良いと思ってスキルを教えています。

 

 

本来デザインであれば、課題に対してこういう働きがあって解決に結びつくという
「理由」が必要になってきますが、それが本人のためにならないこともあります。

 

 
実際そうだと思っていて、であれば

最低限、ご自身の活動をより多くのひとに伝えるために必要なことを
学んでいってくれたらと思っています。

 

 

 

ご本人もだんだんと、自身の学ぶべきことというものがハッキリしてきたのか、以上の発言を、講座でいただいたのです。

 

 

 

彼にとって作品作りに役立つのはイラストレーターのスキルですが
発信する中でおそらく使うことになるだろうと思ったので
「きっと必要になりますよ」と伝えました。

 

 

smartphone-2493419_1280

 

 

 

 

 

 

 

また別の方が言いました。

 

 

 

「ぼくが好きなあの写真は、こう加工されていたんですね。」

 

 

 

彼もまた好きなことがハッキリしていて、そのことに関してはとにかく知識が深いです。
ぼくも昔はプロ野球選手名鑑の選手の年俸や打率を事細かに覚えていましたが、
そんなレベルじゃなく、知識量がものすごい。

 

 

 

そんな彼がぼくの講座を聞きつつ、こういうことなんですね、と納得されている様子を見て

 

 
自分ごとにできる瞬間は誰しもあるんだなと思いました。

 

 
そうするには、何が必要か。好きになることだと思います。
どう好きになるか。これは環境、もしくは努力だと考えます。

 

 
好きじゃないことに大して努力をすることは、ただでさえ健常者でも大変ですから、難しいひとは本当に難しい。

 

 

 

であれば、環境発信でそのひとのことを変えていくことはできるかもしれない。
事業所の役割は、そんなところにもあるのかもしれないと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

james-pond-185593

 

ルーツでは、様々な勉強に挑戦している方がたくさんいらっしゃいます!

もちろん、資格取得は全てではありません。

一歩ずつ進むことで、しっかりと自信をつけてらっしゃることが、

ルーツの何よりの喜びです!

 

資格勉強に限らず、自分の目標に手を伸ばすこと。

手を伸ばして掴み取るサポートを全力でしています。

 

 

 

都内の就労移行支援事業所ルーツ

 

就労移行支援事業所ルーツにはFacebookページがあります。
イベントや情報、普段の様子などを公開していますので、
もしあなたがオフィスに来ようと思ってくださったのなら、
まずご覧になって雰囲気、詳細を知ってみてくださいね。

 

ぜひ、いいね!も宜しくお願いします。

 

>>>Facebookページはこちら<<<

 

連絡先、場所などはこちらまで!!
↓↓↓

 

お問い合わせroots-06

 

新宿・四ツ谷の障がい者の就職・社会復帰支援の場所
就労移行支援事業所ルーツ
東京都新宿区三栄町29-6 Fビル 5階
最寄り駅︰東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷三丁目駅/都営新宿線 曙橋駅
ルーツの公式LINEからもお問い合わせできます!
友だち追加