×閉じる

ルーツの魅力とこれからについて考えてみた。

Pocket

 

 

こんにちは。ルーツのデザイン先生です。

 

 

 

 

 

最近日中眠いんですよね。頭がボーッとしていて。

 

高校生のときの成長期を思い出します。

 

あの頃ってずっっっっっっっと眠かったですよね。

 

 

部活動のときとご飯の時間以外は基本的に寝ていた気がします。

 

 

何かあればオスグッドのせいにしていました。

だって膝いたいんだもん。ロジック崩壊関係なし。

ゴシップガールのチャックバスと同じです。

 

 

 

 

眠かったら寝ていてよかったあの時代。

 

 

 

 

今はそうもいきません。

 

エナジードリンクを流し込み、もう一踏ん張り。

オトナになったなあと実感する瞬間です笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、ルーツの中で色々とカリキュラムや講座の内容の見直しがされています。

 

blur-1867746_1920

 

利用者さんにとっての最善の就労移行を応援したい。
その思いで、各スタッフが動いています。

 

 

 

ウェブのスキルやデザインの知識を身につけられるのは、ルーツの大きな魅力です。

 

Prog
PCがほとんどMacで、ここほど参考書が揃っている、且つ

スタッフに知見のある事業所は他にありません。

 

 

 

 

 

それは、利用者さんのスキルを見ても思います。
かなり高いです。ふつうにwebページ作ります。デザインやります。

 

 

 

構築とか、運用とか、そういう類のやりとりを利用者さん間でやっているわけです。
すごいなあと思います。

 

 

 

 

 

反面、もっと基礎的な部分もしっかり身につけてもらいたいとも思っています。
デザインができたとしても、そもそも課題発見にはコミュニケーションが必要です。

 

alexis-brown-85793

 

話す力、察する力、もっと言えば、敬語や身だしなみなどの基本的な礼儀、
ビジネスシーンで必要な言動や行動なども、しっかり改めて整理して、
利用者さんたちに伝えていかないとなあと、思っています。

 

 

 

 

 

加えて、生活面での支援。
ただ、管理して安定させるだけではなく、自走して安定させられるかどうかが大切です。

 
それって、じぶんをしっかり把握できていることが必要で、
いつまでもスタッフの管理下で生きていくわけにもいきませんから、
どんな状態になったらこういう行動をしないといけない
こういう状態であればこうすれば対処可能、とかとか

 

 

そういう、じぶんで対応できることを1つずつ増やしていけることが大切なわけです。

 

jog

 

 

 

就労移行支援事業所として、改めてそこには注力したいですね。

何でもかんでもやってあげるのではなく、しっかり自立してもらわなければ。

 

 

 

 

 

例えば「朝起きれませんでした。お休みします。」という連絡が来たとします。
これは、しっかり対応しなきゃと思います。

 

 

 

 

あくまでぼくの一人間としての見解ですが、

 

気分障がいというのは曖昧だなあと常々思っているのですが、
気分が乗らない、というのは正直どこのどんな状態の誰であれ、ただの言い訳です。

 

どうしても起きれない、そんなとき、ぼくも結構あります。
これは、ただの怠惰だと思うんです。「気持ちが弱い」だけ。
繰り返すようですが完全にぼくの個人的な感想です。

お分かりかと思いますが、根本は体育会系出身です。笑

 

 

 

 

 

 

でも、それを感じたとしても、そのまま伝えてはいけません。

 

 

 

 

 

「UDコーディネーター」として言えることは、

 

 

 

いかなる場合でも、障がい関係なく、彼らはすべからく、彼らなりにロジックがあって
しっかり考えているわけです。

 

 

 

それはすなわち、「分からない」ということは、あり得ない、ということだと思います。
彼らのロジックを理解して、そこに組み替えて伝えたいことを提供すれば、
彼らはしっかり理解してくれます。

 

 

 

就労支援側として、ダメなことは直さないといけない。
でも、なぜそれが問題なのか、理解できない人もいます。

 

 

 

彼らは、彼らなりのロジックがあって、起きないことを選択しているわけなので。

最低限、その思いには、ぼくたちは歩み寄らなければいけない。

 

 

その上で、就労というゴールのために、修正すべきところは修正しなければいけない。

 

これは、なかなかタフな仕事です。

 

 

ここらへんをしっかり、カリキュラムの中に改めて整理して組み込み直して
より利用者さんにとって有意義な時間を提供できる事業所にしていきたいと思っています。

 

 

 

もちろん、デザインに関しても。
もっともっと、多くのことを学んでいただきたいです。

 

 

 

ただ、ここに関しても、ツールの使い方だけでなく、
もっと本質的な部分、ひと、もの等の「対象物のことを考えること」について
理解してもらいたいなと思っています。

 

 

 

デザインできるひとって、絶対コミュ力ものすごい高いと思うんです。
相手の欲しいものを、つどつど判断して制作物を生み出すわけで。

 

 

 

 

 

その、デザインの根幹部分を伝えられたら、ルーツはもっと魅力的な
事業所になるなあと感じています。

 

 

goal

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいスタッフさんも入ったことで、また楽しくなりそうです。

 

 

 

当事者の方はもちろん、同業の方々も、お気軽にお問い合わせくださいね。

色々お話ししましょう!

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

james-pond-185593

 

ルーツでは、セミナーや講義も積極的に行なっております。

一歩ずつ進むことで、しっかりと自信をつけてらっしゃることが、

ルーツの何よりの喜びです!

 

自分の目標に手を伸ばすこと、手を伸ばして掴み取るサポートを全力でしています。

 

 

 

都内の就労移行支援事業所ルーツ

 

就労移行支援事業所ルーツにはFacebookページがあります。
イベントや情報、普段の様子などを公開していますので、
もしあなたがオフィスに来ようと思ってくださったのなら、
まずご覧になって雰囲気、詳細を知ってみてくださいね。

 

ぜひ、いいね!も宜しくお願いします。

 

>>>Facebookページはこちら<<<

 

連絡先、場所などはこちらまで!!
↓↓↓

 

お問い合わせroots-06

 

新宿・四ツ谷の障がい者の就職・社会復帰支援の場所
就労移行支援事業所ルーツ
東京都新宿区三栄町29-6 Fビル 5階
最寄り駅︰東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷三丁目駅/都営新宿線 曙橋駅
ルーツの公式LINEからもお問い合わせできます!
友だち追加