×閉じる

障害者手帳は取得した方が良い?〜精神障害者手帳〜

Pocket

 
annie-spratt-277551
 
 
お仕事の人も、そうでない方も、月曜日が憂鬱な人も、楽しみな人も、
おはようございます!!
今日は、精神障害者手帳の取得を悩んでいる方々に向けた記事です。
 
 
 

目次

 
 
① 精神障害者手帳とは

② 手帳を取得する時の悩みはなんだろう?

③ 【就労】就職や転職が障害者雇用で可能に

④ 【生活】日々の生活の中にもサポートが

⑤ おわりに
 
 
 

① 精神障害者手帳とは

 
 
annie-spratt-277551
 
 
正式名称は、「精神障害者保健福祉手帳」といいます。
精神障害者保健福祉手帳は、一定程度の精神障害の状態にあることを認定するものです。

精神障害者の自立と社会参加の促進を図るため、手帳を持っている方々には、様々な支援策が講じられています。
手帳の詳細や、対象、申請方法などは、こちらの記事(【精神障害者保健福祉手帳】申請方法・受けられるサービス・等級)でご紹介しています。
 
 
 

② 手帳を取得する時の悩みはなんだろう?

 
 
ben-white-146950
 
 
自立と社会参加の促進を図るという目的といえども、手帳を取得すること自体に抵抗を感じる方もいらっしゃいます。
その抵抗感が、ひとつの「デメリット」とも言えるかもしれません。
 
受け取り方は人それぞれ。
「手帳を持つ」ということで、実際に何が変わるのか。
それは本人の心かもしれませんが、一度手帳を取得したからと言って、ずっとそうというわけではありません。
「気持ちがついていかないかもしれない、、、」と迷われてる方も、一度制度などもきちんと把握してみましょう。

今回は手帳を持つことで受けられる制度などを紹介します。
取得を考えている方は、心境の変化を、実際に手帳を取得してる方の話を聞いてみるのも良いかもしれません。
 
 
 

③ 【就労】就職や転職が障害者雇用で可能に

 
 
helloquence-61189
 
 
「雇用」という部分で、就労への不安がある方も多いと思います。
うつ病などは、誰でもなる可能性のあるものだと思っています。
突然「働けない」と思ってから、「働きたい」と思っても、なかなか就労が続かない、、、
そんな悩みをお持ちの方に、知っておいて欲しい事があります。
 
 


➖ 障害者雇用

 
障がい者雇用促進法に基づき、企業では「法定雇用率(現在は従業員数の2.0%)」以上の障がい者を雇用しなければならないと決まっています。
このような法律の元、企業では、一般採用とは別で、「障害者雇用枠」を設けて採用活動をしているところもあります。
しかし、この「障害者雇用」に算定されるのは、障害者手帳を持っている人のみに限られています。
なので、手帳を取得することで、「一般枠」の中だけでなく、「障害者雇用枠」に応募することが出来ます。
 
この「障害者雇用枠」は、実際一般枠とはどのように違っているのでしょう?
 
 


➖ 障害者雇用枠と一般枠

 
大きな点は、「理解」を得られるというところでしょう。
精神障害や発達障害の場合、見ただけではどこに「配慮」が必要なのか、どんなことに困っているのかなどがわからないことが多いです。
人は、「分からない」ことは伝えなければ勝手に判断するしかなくなってしまうので、誰が悪いでもなく「怠けてるのじゃないか」「ミスが多いな」など関係が悪化してしまいます。
しかし、「ここに配慮して欲しい。」「これは出来る」「これはできない(苦手)」ということがわかっていれば、お互いにもっとスムーズに関係を気づくことが出来ます。
 
【障害者雇用枠で就職した場合】
・通院や治療などに配慮してお休みや早退をもらえる。
・周囲が配慮しやすい。
・能力に応じた仕事に就きやすく、就労を続けやすい
・周囲のサポートが得やすい
・安定的な雇用が望める
・精神的に安定を得やすい環境

など!
 
「理解」というのは、分かろうとする努力だけでなく、「分かってもらおう」という努力も必要だと思います。
安定的、継続的に就労を続けていくために、有効な手段となっています。
 
 
 

④ 【生活】日々の生活の中にもサポートが

 
 
gaelle-marcel-189753
 
 
精神障害者保健福祉手帳を持っていると、生活の中にもサポートが受けられるようになっています。
例えば、税金の控除や減免、公共料金等の割引など全国一律で行われているサポート。

さらに、地域によっては交通機関の運賃の割引や手当などもあったりします。
(※詳しくはこちらから)
 
 
 

⑤ おわりに

 
 
326H
 
 
この記事では、メリットデメリットという形ではなく、一つの考えるきっかけになってもらえればと思います。
最終的に決めるのは自分です。
ただ、一人で考えすぎる前に、周りに意見を聞いてみたり、相談してみたりしても良いかもしれません。
「手帳を取得することで、何か不利益が起こるのではないか?」
そんな不安を抱えているかもしれませんが、まずはしっかりと事実を検証してみましょう。
心の区切りだったりと、心配なことはあるかもしれませんが、「心の免許証」という感覚で、わかり合うためのツール、自分を助けてくれるもの、と思うといいかもしれません。
 
 
 

FacebookいいねとLINE@の登録もしてね!

 

就労移行支援事業所ルーツにはFacebookページがあります。
イベントや情報、普段の様子などを公開していますので、
もしあなたがオフィスに来ようと思ってくださったのなら、
まずご覧になって雰囲気、詳細を知ってみてくださいね。

 

ぜひ、いいね!も宜しくお願いします。

 

>>>Facebookページはこちら<<<

 

連絡先、場所などはこちらまで!!
↓↓↓

 

お問い合わせroots-06

 

新宿・四ツ谷の障がい者の就職・社会復帰支援の場所
就労移行支援事業所ルーツ
東京都新宿区三栄町29-6 Fビル 5階
最寄り駅︰東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷三丁目駅/都営新宿線 曙橋駅
ルーツの公式LINEからもお問い合わせできます!
友だち追加