×閉じる

就労移行支援事業所の利用までの流れ【障害福祉サービス】

Pocket

caleb-woods-302677

 

 

就労移行支援というのは、「障害者総合福祉法」に基づいた、障害福祉サービスです。

詳しくは、こちらのブログ(就労移行支援事業とは)を御覧ください♪

障害福祉サービスの中には、「介護給付」「訓練給付」という2つのサービスに大きく分けることが出来ます。

 

ルーツのような就労移行支援は、「訓練給付」に分類されています。

ルーツのような就労移行支援事業所を利用したいと思った場合には、どのような手順で利用までになるのか、初めてだとなかなかわかりにいところがあります。

今回は、障害福祉サービスの利用までの流れをまとめてみましたので、

ぜひ参考にして役立ててください♪

 

利用までの流れ

 

 

11057-NN76XI-01
Freepikによるデザイン
 

① 相談

まずは、利用したい支援機関に行き説明を受け、体験をしておきます。

それから、お住いの市区町村(または指定相談支援事業者)に相談。

例)相談や申請の時には「就労移行支援事業所ルーツを利用しようと思ってるのですが。」と、利用したい先のパンフレットなどを持っていくと良いです♪

 

② 申請

お住いの市区町村の窓口に、サービス利用の申請を行います。

 

③ 審査

障害支援区分の調査。

心身の状況を総合的に判断するため、認定調査員による訪問調査などが行われ、障害支援区分が認定されます。

 

④ 「サービス等利用計画案」の提出

市区町村からサービス等利用計画案の提出を求められた人は、指定特定相談支援事業者が作成した「サービス等利用計画案」を提出します。
※セルフプランを作成しても良い市区町村もあります。

 

⑤ 支給決定

市区町村が、障害者区分や「サービス等利用計画案」の内容を踏まえ、サービス内容を決定。

障害福祉サービス受給者証が交付されます。

※受給者証が手元に届くまでに、1〜2週間ほどかかることが多いです。

 

⑥ 「サービス利用計画」の作成

決定した内容に基づき、実際に利用する利用計画を作成します。

 

⑦ 契約

サービスを利用する事業者と契約を行います。

 

⑧ 利用開始

実際にサービスの利用が開始されます。

 

 

⚠注意

実は、お住いの地域(市区町村)や本人の状況により、相談・申請から受給者証の発行、利用開始までの期間には違いがあります。

「利用したい!」と思った場合には、

なるべく早めに手続を開始しておくことで、スムーズに利用できます♪

 

 

これで晴れて、訓練開始です♪

「ややこしいなあ、、、、」と思うかもしれませんが、行政の方や、支援機関の方がサポートしてくれますので安心してください!

 

arkady-lifshits-117993

 

新しい一歩を踏み出そうとした皆さんの、少しでもお役に立てていると嬉しいです✨

 

都内の就労移行支援事業所ルーツにも、ぜひ見学にいらしてくださいね!

 

 

東京都新宿区の就労移行支援事業所ルーツ

 

就労移行支援事業所ルーツにはFacebookページがあります。
イベントや情報、普段の様子などを公開していますので、
もしあなたがオフィスに来ようと思ってくださったのなら、
まずご覧になって雰囲気、詳細を知ってみてくださいね。

 

ぜひ、いいね!も宜しくお願いします。

 

>>>Facebookページはこちら<<<

 

連絡先、場所などはこちらまで!!
↓↓↓

 

お問い合わせroots-06

 

新宿・四ツ谷の障がい者の就職・社会復帰支援の場所
就労移行支援事業所ルーツ
東京都新宿区三栄町29-6 Fビル 5階
最寄り駅︰東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷三丁目駅/都営新宿線 曙橋駅
ルーツの公式LINEからもお問い合わせできます!
友だち追加