×閉じる

就労移行のコミュニティデザインについて考えてみる。

Pocket

 

 

 

こんにちは。ルーツのデザイン先生です。

 

 

 

 

 

 

 

 

rain-2538429_1920

雨が最近多いですね。

傘を持たない主義の頑ななぼくにとって、いやな感じです。

 

急にドバーッと降られるもんですからこんな感じです。

 

greylag-goose-2139296_1920

 

 

傘をさすどころか、持つことにも慣れていないので

先週で2本無くしました。どこに忘れたかもわかりません。

救いようがありません。

 

 

 

拾った方が雨に打たれてビショビショな美女であることを祈るのみです。

 

何かしらの奇跡で持ち主がぼくであることがわかって届けに来るという運命的な出会いがあれば尚良しです。

 

 

 

 

 

なんか元気が出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

 

本日は「デザイン」を広く捉えてみる、という話をしてみます。

 

thought-2123970_1920

 

デザイナーとして、単純にグラフィック表現をするだけでなく

製作物そのものや、伝える手段、コピー、などなど、

伝えたいものやこと、そのものから考えるような

そういう仕事を縁あっていただいたりしています。

 

 

 

これは楽しい。

 

 

 

就労移行支援を行うなかでも、こういう機会をつくっていきたいと考えています。

 

 

 

【コミュニティデザイン】とでも言うのでしょうか。

 

action-2277292_1920

 

この場所は、利用者さんにとって本当に大切な場所だと感じます。

 

 

 

じぶんを素直に表現できる場所であったり、

逃げ場であったり、憩いの場であったり。

 

 

 

何かしらの理由で気持ちが萎れてしまったひとにとってのここは

深呼吸ができる場所

またがんばろうという素晴らしい意思を応援する場所なわけです。

 

 

 

そんな場所=「コミュニティ」の一端を担っているのが「人」、すなわち支援員です。

 

 

 

 

 

 

介護施設などで、ときどきスタッフによる虐待など痛ましい事態が起こったりします。

ニュースなどでご存知の方も多いでしょう。

 

 

 

業界にいる人間として、それは決して他人事ではありません。

 

事件のスタッフさんは、元からそういう行動に至るような人間ではなかったと推測します。

精神的に健康でいることができなかった、何かしらの理由があるはずなのです。

 

 

 

もちろん利用者さんの就労支援や定着支援が第一。

 

 

 

ただ、その支援スタッフのケア、定着支援もまた、やっていくべきことではないかと思うのです。

 

 

 

 

 

そこに「デザイン」が活きないかなあと思っています。

 

 

 

 

 

スタッフさんにとっての「支援事業所」があっても良い。

それは明確なスペースでなくとも、会やオンライン上のコミュニティでも良いかも。

 

 

 

なんにせよ、抱えているものを共有できたり共感されたりすることが大切です。

嬉しかったことでも、そうでなかったことでも。

それは健常者も障がい者も同じことです。

 

 

 

 

 

これまでのデザイナーとしての知見や、UDコーディネーターとしてのスキル、

心理カウンセラーや、学生の就職カウンセラーとしての経験を、そういうところにも活かしていくべく

 

 

 

横のつながりを増やすイベントや、会を、少しずつですがやっています。

 

 

 

そういう試みもまた、利用者さんの就労移行支援を

さらに円滑にすることに役立つんじゃないかと思います。

 

 

 

サービス提供側がまず健全でなくては。

 

 

どこの業界も、人こそが資産です。事業所も例外はありません。

 

 

現状に満足せず、利用者さんの自立した人生の実現に心から取り組める

そんなスタッフさんがさらに増えたら、社会はこちらから変えられる気がします。

 

 

 

 

 

 

とはいえ、まだまだそういう活動もこれからです。

もしご興味あれば、ご連絡くださいね。

 

turtle-2201433_1920

 

みなさんとご協力しながら、様々なアイディアを形にしていけたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

やっぱり、良い人たちの、良いことのために、デザインやっていたいですから。

 

 

 

 

いかがでしたか?

james-pond-185593

 

ルーツでは、様々な勉強に挑戦している方がたくさんいらっしゃいます!

一歩ずつ進むことで、しっかりと自信をつけてらっしゃることが、

ルーツの何よりの喜びです!

 

自分の目標に手を伸ばすこと、手を伸ばして掴み取るサポートを全力でしています。

 

 

 

都内の就労移行支援事業所ルーツ

 

就労移行支援事業所ルーツにはFacebookページがあります。
イベントや情報、普段の様子などを公開していますので、
もしあなたがオフィスに来ようと思ってくださったのなら、
まずご覧になって雰囲気、詳細を知ってみてくださいね。

 

ぜひ、いいね!も宜しくお願いします。

 

>>>Facebookページはこちら<<<

 

連絡先、場所などはこちらまで!!
↓↓↓

 

お問い合わせroots-06

 

新宿・四ツ谷の障がい者の就職・社会復帰支援の場所
就労移行支援事業所ルーツ
東京都新宿区三栄町29-6 Fビル 5階
最寄り駅︰東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷三丁目駅/都営新宿線 曙橋駅
ルーツの公式LINEからもお問い合わせできます!
友だち追加