×閉じる

落ち込みグセを直したい!過去にとらわれない落ち込んだ時の対処法

Pocket

 
 

なにか落ち込むことがあると、

なかなかネガティブな感情から抜け出せない。

 

そんなことに悩んだことはありませんか?

 

私は、あります。(笑)

 
 

「一度落ち込むとなかなか抜け出せない」

ということになると、その後も負の連鎖が繋がって、何もかも上手くいかないなんてことに。。

 

そうなるともう何をするにも頑張れなくなってしまうこともありますよね。

ネガティブな出来事からのポジティブへの切り替えがうまくいっている人は、

いつもいいことの連鎖が起こっているような気がします。

 
 

できることなら、上手く転換できるようになりたい!

というわけで、落ち込みグセや過去にとらわれていつまでもクヨクヨしない方法をご紹介していきます!

 
 
 

なぜいつまでも落ち込んでしまうのか

 
 
マイナスな出来事は、誰にでも起きます。

それによってマイナスな感情を持つことだってそりゃみんなあるのです。

 

では、マイナスな感情を引きずってしまう人と、切り替えられる人は何が違うのでしょう?
 
 

引きずる人は何かにつけて過去の出来事を持ち出す!

uros-jovicic-322314
 
ネガティブな感情をポジティブな感情に切り替えられない人の多くは、何かにつけて過去の出来事を思い出します。

 

何かひとつ良くないことが起きると、

「そういえば、この間も同じようなことでこうなった、、、」

「あああ、自分はなんてダメな人間なんだろう。。」

と、今は関係ない過去まで引っ張り出してきてしまいます。

 

何かを前向きに始めようとするときにも、

「過去に似たようなことで失敗したな、、どうせまたダメなんだ。。。」

「何しても上手く行かないんだ、、」

と自分で自分を洗脳して悪循環なんてことに!

 
 
本来は、人の感情は時間とともに低減していくものですが、

このように何度も何度も何かにつけて過去の出来事を思い出すことで、

自分で自分のマイナスの記憶を脳に再インプットしてしまうのです。

 

その結果、いつまでたってもその感情にとらわれて、抜けることができなくなります。

 

 

怖いですね。。。身に覚えがあります。(笑)

こんな”過去引っ張り人間”から脱却するための方法を考えてみましょう!

 
 
 

引きずってしまう落ち込みグセの対策

 
 
では、そんななが~く続く落ち込みグセを直すにはどうしたらいいのでしょう?
 
ずーっと落ち込んでいたい人はいないはず!

できることなら楽しく生きたいですよね。

できることからでいいので、行動してネガティブ感情をポジティブ転換!

 
 

過去は変えられないことを理解する!

pablo-heimplatz-243278

 

悩んでいても過去は変わってくることはありません。
 
当たり前のことですが、改めて「過去は変えられない」と理解することが大事です。
 
 
ただ、過去は変えられませんが、次に活かすことはできます。

「分かっていても、悩んでしまうんだよ、、、」

というときには、次の方法を試してみましょう!

 
 

【過去に悩んでしまう時の対策】

 

①  声に出して気持ちを整理する!
 
「くよくよしても仕方ない!」

「次気をつければOK!気にしない!」

と、声に出して切り替えるようにしましょう。

心のなかで唱えるだけではなく、大きな声でしっかり言うことが大事です。

声に出して言うことで、自分自身に”音”でしっかり言い聞かせることができるのです。

 

② 感情ではなく、行動に目を向ける。
 
過去を変えることはできなくても、同じことが起きた時の対応を変えることが出来ます。

「あぁこんな失敗をしてしまった、、、、もうダメだ」

ではなく、「また成功する手がかりを手にした!」「またひとつ学べた!」と行動から次に活かすことを考えます。

感情に目を向けるのではなく、落ち込んだ行動を分析して、次は対処すれば良いのです。
 
 
 

とにかく行動して記憶を上書きする!

caleb-woods-302677
 
新しい記憶で嫌な記憶を上書きしてしまうというのも大事。
 
何もしないでいると、人は過去に思いを巡らせたり、悩んでいることに時間を使ってしまいます。

脳は新しい記憶がはいってくれば、それをインプットしようとするので、薄れていくのも早くなります。

そうは言っても嫌な記憶の方が残りやすく、なかなか消えてはくれませんよね。

それに、落ち込んでいる時にはどう行動したらいいかわからなくなってしまうこともあります。

そんな時は、小さな事でいいので、TO DOリストをつくり、とにかく行動するようにしましょう。

 

【とにかく行動する方法】

 

① TO DOリストを作って上から実行する。
 
TO DOリストは、どんな小さなことでも構いません。

(TO DOリストの例)

□ 洗濯をする

□ カフェに行く

□ 本を読む

□ 買い物に行く

 

② これを機に新しいことにチャレンジしてみる。
 
心の休憩で、前々からやってみたかったことなどを実行する機会にしてもいいですね。

ヨガをしてみたり、少し遠出してみたり、見たかった映画を見てみたり。

何もする気にならないときには、誰かに連れ出してもらうのも手。

落ち込んでる時は一人になりがちですが、人と合うことで気が紛れることもあります。

気心のしれた友人からのお誘いには、のってみるようにしましょう。
 
 
 

いつもポジティブな人の真似をする!

julia-caesar-24806
 
いつも元気でポジティブな人っていませんか?

しかし、その人にだって、落ち込むことはあるはずです。

その人にだけ嫌なことが起きないということではありません。
 
ポジティブな人は、ポジティブに切り替える思考や行動が習慣化しています
 
人間は、一緒にいると行動や思考が似てきます。

自分自身の思考や行動を変えられないと悩んでいるなら、ポジティブな人と一緒にいることだけでも効果があります。
 
 
そして、できれば考え方や言葉、行動などを真似してみましょう。
 
「いつも元気に挨拶をしてるなあ。」と思ったら真似てみる。

「笑顔で話す人だな。」と思ったら、話す時に笑顔を心がけてみる。

など、どんな小さなことでもいいので真似できそうなところから真似します。
 
自分を変えるのが難しいときには、環境(周り)から変えてみるのもいいですね♪
 
 
 

おわりに

いかがだったでしょうか?

過去を引きずって、いつまでもクヨクヨしてしまうような人は、何か一つでもいいので試してみていただければと思います。
 
ネガティブな記憶は、何度も思い出すと、更に強い記憶になって残ってしまいます。

過去を思い出すことはやめて、”行動”に目を向けていきましょう。

 

 
 
 

都内の就労移行支援事業所ルーツ

 

就労移行支援事業所ルーツにはFacebookページがあります。
イベントや情報、普段の様子などを公開していますので、
もしあなたがオフィスに来ようと思ってくださったのなら、
まずご覧になって雰囲気、詳細を知ってみてくださいね。

 

ぜひ、いいね!も宜しくお願いします。

 

>>>Facebookページはこちら<<<

 

連絡先、場所などはこちらまで!!
↓↓↓

 

お問い合わせroots-06

 

新宿・四ツ谷の障がい者の就職・社会復帰支援の場所
就労移行支援事業所ルーツ
東京都新宿区三栄町29-6 Fビル 5階
最寄り駅︰東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷三丁目駅/都営新宿線 曙橋駅
ルーツの公式LINEからもお問い合わせできます!
友だち追加