×閉じる

就労に向けて大切だと思う心構えについて。

Pocket

こんにちは、ルーツのデザイン先生です。

 

 

冬季パラリンピックで、成田緑夢さんが金メダルを獲得しましたね。

ハンディキャップを乗り越えての栄冠に、ぼくはとても感動しました。

オリンピックが終わって熱狂が少し冷めてしまっているように思いますが

パラリンピックも、本当にそこにしかないドラマがあります。面白いです。

みなさんお時間あれば、ぜひ観てみてくださいね。勇気もらえます。

 

 

 

本日は、最近大切だなあと思うことについてです。

 

「足るを知る」という言葉を知っていますでしょうか。

ぼくはこの言葉がとても好きでして。

今この状態。自分は満たされている。という感覚。

謙虚さとでも言うのでしょうか。

簡単に言えば、現状にまずは感謝する、ということです。

 

 

生きていると満たされないことはたくさんあります。

ぼくも良くあります。

もっとこうだったら良いのに。

こうしてくれたら良かったのに。

laptop-3087585_1920

なぜかこういうとき、周りのせいにしがちだなあと思います。

環境が整っていれば、とか。

あの人がこうだから、とか。

自分って大切ですから、守りたい気持ちも当然。良くわかります。

 

 

でも、「最善の状態」なんて、一度も来ないと思うんです。

特にお仕事においては、そんなことぼくとアンジェリーナ・ジョリーが結婚するくらいミラクルだと思います。

どれだけ準備しても、何か予想外なことが起こります。

それが、仕事の楽しさだと思えるようにならないと、いつまで経っても仕事は大変な、つまらないもののままなんだと思います。

 

 

それはきっと、健常者雇用、障がい者雇用に限らず同じだと思います。

企業ですでに働いている障がい者の方の声を聞いているといつもそれを感じます。

楽しめている人、そうでない人の差は、「足るを知って、変化を受け入れている人」だと思います。

entrepreneur-1001611_1920

 

これまでの仕事が評価されて何か新しい業務が割り振られたとき

「こんな仕事はやったことがない、言われていない」と思うのか

「仕事の幅が増えた、大変だろうけど期待に応えられるよう勉強しよう」と思うのか。

これまで色々な人に助けられて、今も様々なサポートを受けて自分は働けているということに感謝して

仕事に臨めているか、ということは、万人に共通して重要な意識だと感じます。

 

 

なかなか難しいんですけどね。ぼくも良く環境のせいにしたくなりますし、逃げたくもなります。

でも、そうしたときには必ず何かしこりが残ります。

そうして、謙虚にならなきゃなあと反省するわけです。笑

まぁ、その繰り返しでも良いんじゃないかと思います。

そうしてきちんと迷惑をかけた誰かに謝って、前に進めれば。

なんだか人間っぽいじゃないですか。笑

自分の周りにはいい人たくさんいるなあ、と思えれば。

 

名称未設定-2

 

向上心は必要ですが、それと共に現状に対する感謝の気持ちも忘れずにいたいものですね。

なんてことを思った、風邪気味の週末でした。

健康って、それだけでありがたいことですよね。本当に。

 

ではでは。

 

 

 

 

FacebookいいねとLINE@の登録もしてね!

 

就労移行支援事業所ルーツにはFacebookページがあります。
イベントや情報、普段の様子などを公開していますので、
もしあなたがオフィスに来ようと思ってくださったのなら、
まずご覧になって雰囲気、詳細を知ってみてくださいね。

 

ぜひ、いいね!も宜しくお願いします。

 

>>>Facebookページはこちら<<<

 

連絡先、場所などはこちらまで!!
↓↓↓

 

お問い合わせroots-06

 

新宿・四ツ谷の障がい者の就職・社会復帰支援の場所
就労移行支援事業所ルーツ
東京都新宿区三栄町29-6 Fビル 5階
最寄り駅︰東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷三丁目駅/都営新宿線 曙橋駅
ルーツの公式LINEからもお問い合わせできます!
友だち追加