×閉じる

東京人は東京ばな奈を食べない。

Pocket

こんにちは。デザイン先生です。

 

 

 

 

いい天気ですね。

 

先日、仙台に行ってきました。

仙台のひとは牛タンを食べない、と聞いてびっくりしていたら

 

東京の人が東京ばな奈を食べないのと同じだ

と聞いてものすごく腹落ちしてしまいました。

 

オーストラリア人はカンガルーを食べてますね。それはまた話が違うみたいです。当たり前ですね。

 

大阪人はお好み焼きを食べますね。

京都人は湯葉を食べるんでしょうか。

そもそも湯葉って京都でしたでしょうか。

 

 

何の話でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この話をしたのは、知的障がい、発達の方でした。

 

 

会話の中で、たびたびおもしろい言い回しをするなあと、

しみじみと聞いてしまいました。

 

 

 

 

 

他にもいろんな障がいを持ったいろんな方とお話をしました。

 

中でも、興味を持ったのは仕事の話でした。

 

企業に属して働いている彼らが普段、どんなことを考えているのか。

 

障がい者雇用が進み、健常者とともに働く人は増えています。

これまで実現が難しかった「働く」ということが、以前よりもぐっと身近なものになっている。

 

 

感謝の言葉を口にする方がとても多かったです。

 

 

理解を前提とした環境があること

ふつうに話してくれること、叱ってくれること

 

そして

スキルをもっと上げたい

障がい者にできる仕事を増やしたい

 

そう思って日々働いている障がい者の方が多かったのも印象的でした。

 

 

 

なるほどなあ、と思いつつ、笑ってしまったこともチラホラ。

 

別に向上心とかは無い、ふつうがいちばん、という方。

暮らせていることだけでしあわせだということでした。

あの業務はもうやれるので引き継いで、他の業務をあの人にはやってほしい、と底上げ意識の高い方。

営業部の皆さん、机をもっと綺麗に使ってほしい、という方。

 

ぶっちゃけたトークや、もっとこうしたい、こうしてほしい、といった話も、色々と話してくれました。

 

 

 

 

 

 

逆に、就労フェーズの方ともお話をしました。

なかなか就職活動がうまくいかないということでした。

話していて感じていたのは、まずは自己分析がうまくいっていないということでした。自分にできることは何だろうか。活かせる力は何だろうか。

そして、みなさん、面接で伝えたいことは伝えていて、自分の何が悪いのか分からない、ということでした。

 

理想が叶っていないときというのは、みなさん辛いものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉を選ばずに言えば、障がい者雇用というのは

大前提、かなり難しいことに挑戦していると思います。

 

障がいと一口に言っても様々ですが、総じて「ふつうに生活をすること」「自立して働くこと」が、ままでは難しいから「障がい」なんだと思うのです。

 

ですが、それに挑戦する世の中になってきています。

 

障がいそのものが身近なものになってきたり、色々な働き方が生まれてきたり、色々な業務が見直されてきたり。

 

 

働けている障がい者の方と、なかなか働けていない障がい者の方と

どちらとも接している中で少し見えてきたことは「感謝の心」が大切だということです。すごいふつうのことです。笑

 

 

障がい者雇用という、大前提難しいことを実現するにあたって、今後はわかりませんが、現状、完璧な社会を早期に実現することは厳しいと思います。

 

不完全な中で必要なことは、障がいでもなんでもなく、ぼくは個人的に気遣い、歩み寄りなんじゃないかと思っています。

 

 

まだ、業務を完璧にこなすことが難しいかもしれない。

それでも、そこに「困っているひとを助ける意識」と「それに対しての感謝」さえあれば、大体のことは乗り越えられると思います。

健常者同士でも、困ったときは助けることはふつうですよね。

 

 

 

就労移行としてそういう、

周囲に助けられていること、それは当然では無いこと

それに対する感謝の心を育てていくことも大事なんだろうなあと思いました。

 

社会人としてのマナー、専門的なスキル。

もちろんそれも大切。ただその前に大前提、そこのところを。

 

 

 

ではでは今日はこの辺で。

 

 

 

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?
そんなふつうなことかよ!という感じですが、ここがけっこう大切な気がしています。

相手に対して優しい心でお互いに向き合っていたいものです。

 

就労に悩んでいる方、もちろん就職支援もやりますが、こういったメンタル面での支援も必要な方は、ぜひルーツにお問い合わせくださいね。

 

 

都内の就労移行支援事業所ルーツ

 

就労移行支援事業所ルーツにはFacebookページがあります。
イベントや情報、普段の様子などを公開していますので、
もしあなたがオフィスに来ようと思ってくださったのなら、
まずご覧になって雰囲気、詳細を知ってみてくださいね。

 

ぜひ、いいね!も宜しくお願いします。

 

>>>Facebookページはこちら<<<

 

連絡先、場所などはこちらまで!!
↓↓↓

 

お問い合わせroots-06

 

新宿・四ツ谷の障がい者の就職・社会復帰支援の場所
就労移行支援事業所ルーツ
東京都新宿区三栄町29-6 Fビル 5階
最寄り駅︰東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷三丁目駅/都営新宿線 曙橋駅
ルーツの公式LINEからもお問い合わせできます!
友だち追加