×閉じる

もう我慢の限界!ストレスを溜め込まずに対処する10の方法

Pocket

kosal-ley-186072

 

大きな限界がなかったとしても、蓄積されたストレスでどうにも我慢できなくなるってことも有りますよね。

 

「心がなんだか疲れてる」

「そんなに忙しくないのに体が重い」

「もう人と関わりたくない」

 

といった状態は、誰でも経験があるのではないでしょうか?

限界まで溜め込むと、「もう我慢できない!」と自分が壊れてしまいます。

 

そうなる前に、自分自身のストレス対処法を理解して置くことはとても重要な事なのです。

 

今日は、そんなストレスの対象法を10個ご紹介します!

自分に合ったものを探して、ぜひ試してみてくださいね!

 

 

ストレス対処10の方法

 

 

 

 

1.身近なストレス解消法を見つける

brenda-godinez-229718

 

「自分の好きなことをする時間」で息抜きをするようにしていきましょう。

そうはいっても多いのは、「趣味も好きなことも思いつかない」という方。

そんな方のために、いくつかご紹介しますので、騙されたと思って試してみてください!

 

【息抜きの提案】

・話題の漫画を読んでみる

・海外ドラマイッキ見!

・読書にふける

・映画館で映画を見る

・パワースポット巡りで休日にちょっと遠出

・音楽鑑賞

・ジムに行って体を動かしてみる。

・好きな歌手のライブで思いっきりはしゃぐ

 

 

 

 

 

2.自分が「素」になれる時間をみつける。

fernando-brasil-103271

 

自分が自分らしく居られる、時間と場所をしっかりととりましょう。

 

休日は自宅でゆったり過ごしたり、お気に入りのカフェで読書をしたり。

普段は外で気を張って、周囲に気を遣っている方も、自分らしく「素」のままで居られる場所や時間、人をしっかりと理解しておくことと良いですね♪

 

 

 

 

 

3.運動習慣でストレス耐性を高める

matthew-kane-94147

 

ストレスを感じると、私達の体は汗をかいたり筋肉がこわばったりするものです。

高ぶった神経や、凝り固まった体をほぐすために適度に体を動かすことも大事です。

また、頭の疲労と、体の疲労は、同じぐらいが良いとされていますので、頭ばかり使っているなと思ったら、散歩をしたり、ひと駅分だけ歩いてみたり、少しだけ運動の工夫をしてみると良いでしょう!

 

 

 

 

 

4.心を開ける人に話を聞いてもらう

ben-white-131245

 

気の許せる相手に話をきいてもらう時間を持ちましょう。

口に出して話すことで、苦しかったり嫌な思いをした出来事の負荷が、軽くなることが多いです。

「話したって解決しない」と思ったとしても、溜め込みすぎずに話してみることが大事です。

話す前よりも、ずっと心が軽くなったり、頭が整理できたり、冷静になれたりします。

 

ただ、悩んだ時に気遣わず話せる人ができるように、普段から関係づくりをしておくのが大事です!

自分の話だけではなく、相手の話も聞いてあげられるような、いい関係をつくっておくことが良いでしょう♪

 

 

 

 

5.家族のもとで過ごしてみる

tucker-good-579563-unsplash

 

自分の味方、家族のもとで、ゆったりと時間を過ごす。

一人暮らしをしていたり、外出が多くなったりすると、家族と当たり前にとっていたコミュニケーションが希薄になっていきます。

仕事やプライベートで疲れたときには、「家族」という絆のある人と、ゆっくりとした時間を過ごしてみるのもおすすめです。

一人暮らしをしている人は、実家に帰って1日過ごしてみたり。

仕事の帰りが遅い人は、たまにははやく帰って奥さんや子供と話してみたり。

あなたの最高の味方ということが、再認識できるかもしれません♪

 

※注意

家族との関係は、人それぞれですから、無理はしないでくださいね!!!

関係があまり思わしくないときには、この手法は合わない時もあります!

 

 

 

 

6.食生活に気をつける

qearl-hu-372189

 

規則正しく、バランスのとれた食事をする!

気分が落ち込むと食欲不振になったり、イライラすると逆に食べすぎてしまったり、ストレスは食事のバランスを崩しがちです。

【五大栄養素】

・タンパク質

肉・卵・魚・乳製品・大豆

・炭水化物

お米・パン・パスタ・うどん

・脂質

肉・卵・植物油・バター・マーガリン

・無機質

カルシウムや鉄を含むもの

・ビタミン

野菜・豚肉

 

 

また、食事をする時の気分もストレス解消に関わりますので、できれば友人や家族、恋人など、一緒に食事をすると「楽しい」と思える人と共に食べると良いでしょう!

 

 

 

 

 

7.物事を先延ばしにしない

write-593333_1920

 

嫌なものほど、スグにやる!

ちょっと時間がかかりそうなものや、気持ちが乗らない仕事ややるべきことは、後回しにしがち。

先延ばしにすればするほど、自分の気持をブルーにする要素を増やしてしまいます!

「わかっているけど、、、」と思う方も多いかもしれません。

ですが、最短最速で嫌なことを済ませ、ご褒美は後に持ってくるのが自分を助ける大事な手法です。

 

 

 

 

 

8.リラックスタイムをつくる!

kosal-ley-186072

 

リラックスタイムを意図的につくる!

ストレスがたまっていると、リラックスは意図的につくらないと、疲れが蓄積されていきます。

いつもシャワーで済ませてしまう人は、湯船にしっかり浸かってみたり

「イライラしてるなあ。」とおもったら、深呼吸を意図的に取り入れて呼吸を深くしてみたり

私も使っています!

鼻から息を10秒ぐらいかけて吸い、口から10秒かけて吐く。

高ぶってるときこそ、ゆっくり呼吸してみましょう!

 

 

 

 

9.自分も相手も思いやったコミュニケーションを心がける

名称未設定-2

 

何かを伝える時、自分も相手も思いやった言葉選びをすること!

例えば、自分の仕事が山積みな時、上司に仕事を頼まれました。

そんな時、相手のことだけを思って仕事を受けてしまったら、自分に負荷がかかりすぎて体調を崩す原因にもなります。

一方で、”言いたいことをしっかり主張する”ということはとても大事なことですが、相手への思いやりを忘れ、「無理です。」「その仕事は受けられません。」といった伝え方をすると、相手へのつたわり方に誤解が生まれ、関係が悪化してしまうかもしれません。

自分のために“しっかり伝える”ということと、相手を思いやった“言葉選び”をすることは、どちらもとても大切です。

上記の例で言えば、

「申し訳ありません。今日は◯◯という仕事に取り組んでおり、◯日掛かりそうです。その後になら取り掛かれるかと思うのですが、どうでしょうか?」

など、の言葉で伝えてみましょう!

 

 

 

 

10.十分な睡眠をとる

nomao-saeki-63687

 

体を休めるために、睡眠に気を遣う!

疲れや睡眠不足が続くと、体だけでなく心の調子も崩れていくことがあります。

十分に睡眠をとるために、心がけるポイントをご紹介します!

 

【良い睡眠のポイント】

①毎日ほぼ決まった時間に起きる

②起きた時に陽の光を浴びる

③よく噛んで朝食を食べる

④日中に適度な運動をする

⑤昼寝や仮眠をしすぎない

⑥寝る2時間前に夕食を済ませる

⑦夕食後に夜食をとらない

⑧夕食以降のカフェイン摂取は避ける

⑨ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる

⑩寝る1時間前に部屋の明かりを消す

⑪寝る前にスマホを触らない

⑫毎日ほぼ決まった時間に寝る

⑬自分にとって必要な睡眠時間を確保する

⑭休みの日に寝すぎない

 

↓睡眠に悩む方はこちらのブログも御覧ください!

不眠症や睡眠に悩みを抱える方はこちら!

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

たっぷりと、ご紹介しましたが、全部をやるわけではなく自分に合ったものを選んで行っていくと良いです!

「あ、いいかも」と思えるものがあれば、ぜひ実践してみてくださいね♪

 

 

 

 

 

都内の就労移行支援事業所ルーツ

 

就労移行支援事業所ルーツにはFacebookページがあります。
イベントや情報、普段の様子などを公開していますので、
もしあなたがオフィスに来ようと思ってくださったのなら、
まずご覧になって雰囲気、詳細を知ってみてくださいね。

ぜひ、いいね!も宜しくお願いします。

>>>Facebookページはこちら<<<

 

連絡先、場所などはこちらまで!!
↓↓↓

お問い合わせroots-06

 

新宿・四ツ谷の障がい者の就職・社会復帰支援の場所
就労移行支援事業所ルーツ
東京都新宿区三栄町29-6 Fビル 5階
最寄り駅︰東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷三丁目駅/都営新宿線 曙橋駅
ルーツの公式LINEからもお問い合わせできます!
友だち追加